シミを消すサプリ | シミに効くのはどんな成分?

シミサプリはこれだ!

 

シミを消す有効成分はどんなもの?

 

シミ対策効果を謳うサプリメントや医薬品は数多くありますが、実際に有効成分が含まれているかどうかが問題です。シミを消す有効成分はいくつも知られているため、代表的なものを覚えておき商品の選択の基準にするといいでしょう。

 

最も身近で一般的な有効成分はビタミンCです。ビタミンCは食事においても意識して摂取したい栄養素の代表格であり、その多機能さ故にシミを薄くする効果の他に様々な体の機能を正常に保つ役割を持ちます。一方で様々な用途に消費されるために体内の残留時間が短いという欠点もあり、また水に溶ける性質から尿と一緒に排泄されるため、血中濃度はわずか1時間程度で半減してしまい、こまめに十分な量を摂取しなければなりません。野菜などを食べて食事からしっかりと摂取した上で、ビタミンCサプリメントなどを活用するとシミ対策には効果的です。

 

L-システインはシミ対策サプリメント・医薬品に最も良く用いられる有効成分の一つで、すでにある色素沈着を薄くするのと同時に色素の生成を抑制するため、この成分一つで予防と改善の両方に役立つため大変重宝されます。L-システインとビタミンCを同時に配合した製品は継続して飲み続ければ確実な効果が期待できるといえます。

 

アスタキサンチンなどの抗酸化物質もシミ予防には欠かせない成分です。シミの多くは体内での酸化によって発生しているため、強力な抗酸化物質はシミの予防に役立ちます。ビタミンCも抗酸化物質ですが、前述の通り体内に留まることのできる時間が短く酸化予防のために高濃度をキープすることができないため、アスタキサンチンなどの抗酸化物質が役立ちます。

 

シミを作らせないためにメラニン抑制がカギ!

 

シミとは過剰に作られた色素が外から見える状態です。根本的な原因が色素の過剰生成であるため、当然ながらシミ予防には色素の生成を抑制しなければなりません。とはいえメラニン色素の生成自体は体の正常な機能の一つですので、メラニン色素を完全に作らせないようにする!という考え方ではなく、過剰なメラニン色素を作らせないようにするという考え方が現実的です。

 

そもそもメラニン色素は紫外線のダメージを肌の奥へ届けないよう、肌のメラノサイトという組織が生成するものです。紫外線のダメージを強く受けるとこれに反応してメラニン色素はさらに多く作られますので、まずは紫外線対策をしっかり行う必要があります。紫外線対策を行わずにメラニンの抑制を行おうとしてもうまくいくはずがありません。何故なら、紫外線に反応してメラニン色素を生成する機能は生命維持に関わる重要な機能だからです。

 

その上で、普段のメラニン色素の生成量を抑えるような有効成分も存在します。多くのシミ改善サプリメント等に含まれているL-システインはその代表格で、メラノサイトに作用しメラニン色素の生成を抑制します。紫外線を十分に防げている前提でL-システインを用いれば、メラニン色素の生成量は有意に減少するという明確なデータが得られています。

 

溜まっている色素を減らしたり薄くする成分も重要ですが、後から後から色素が増えてくるのでは意味がありません。まずはメラニン抑制をシミ対策の基本とするのがいいでしょう。

更新履歴